educared

管理人educaのまったり(*´ω`)した毎日

アルバイトの退職時に復讐してかましてやった系の話をまとめてみた

こんにちは。編集部の乾燥肌です。

自分は先日Twitterの従業員が退職日にトランプ大統領のアカウントを失効させて英雄扱いされたというニュースを拝見しました。ご存知でない方もいるかもしれませんので、内容を以下に記載します。

ドナルド・トランプ米大統領のプライベートアカウントである「@realdonaldtrump」が11月1日の夜、約10分間アクセスできなくなり、話題を呼んだ。

この件について、米Twitterは同日、公式アカウントで2回に分けて次のように説明した。

最初のツイートは「本日、@realdonaldtrumpのアカウントがTwitterの従業員の人的エラーにより失効しました。アカウントは11分間ダウンしましたが、復活しました。現在調査中で、今後このようなことが起きないようにします」というもので、その2時間後に「調査の結果、退社した当社のカスタマーサポート担当従業員が最終出社日にこれを行ったことが分かりました。現在内部調査中です」と調査結果をツイートした。
参照:Twitter従業員、退職日にトランプ大統領のアカウントを失効させて英雄扱い

退職するときにやってやった、かましてやった系の武勇伝ですね。

全然褒められる内容ではありませんが。

無責任です。

仕事を辞めるからといってこのようなことを行うなんてにわかには信じられません。ましてや一部では英雄扱いまでされているなんて信じられませんね。

そんな感情を抱きながらこのニュースを見て、今回ふとこんなことを思いつきました。

アルバイトで退職直前に「やってやった」「かましてやった」系の内容を調べたら結構バリエーションがあるのでは?と思いました。

世間ではいわゆる"バカッター"なんて言われている事件も多く、もしかしたら今回のトランプ大統領のような武勇伝がネットでは珍しくないのかもしれません。

SNSなどを調べて、果たしてどこまでの武勇伝()がでてくるのでしょうか?

個人的には水曜日のダウンタウンの説で出てくるような内容があればよいなと思っております。本家のように毒がきつすぎないように紹介していこうと思います。本当に載せられないのは割愛します。

退職日に復讐してやった!辞めるタイミングでかました武勇伝まとめ

初級編:あるあるのバックレ

まずはあるあるのバックレです。店長からするとバックレなど日常茶飯事すぎてかまされたうちに入らないでしょう。

このツイートは喧嘩別れの部類ですね。

バイトのバックレなど日常茶飯事ですので、同僚の立場からすると「バックレやがった作業増える!」くらいですね。その責任を取る店長からするとたまったもんじゃないですが。

同じようなバックレ事案ですね。同僚に迷惑をかける行為は許せませんね。

働いている側からすると忙しさは2倍なのに給与は同じなのですから。給与2倍くれるならちょっと考えますが。

自分のアルバイト時代にあったできごとだと、バックレた人が店長と深夜に2人で入る予定だったので店長が1人で仕事をするといったことがありましたね。

中級編:鵜呑みにして真似すると火傷します。

次は中級編です。かましてやった!で終われば良いですが、その後責任を取らされるということも十分にありえます。真似して問題になったなんてことにならないようにしましょう。

このツイートの第2位の今から辞めるから喧嘩してやろう的な内容、よくありますよね。無責任なバイトだからこそできる捨て身の技ですね。

この技を使う条件としては失うものが何もないことが挙げられますね。

とまあ、マンガやコントなどでよくありがちなこの話。実際喧嘩した場合、普通に喧嘩するのとは負う責任が違います。

個人で喧嘩する分には責任は個人だけですので、怪我させた相手への賠償ですみます。

しかし、店員という立場ですと、そのお店のブランドを傷つける行為でもあります。相手に怪我させたという責任だけでなく、店のブランドにも傷をつけた場合、店からの損害賠償などの方が大変そうですね。

よく聞く話ですが、本当にやっている人はいないしいたらOUT位に捉えておいたほうがよいでしょう。

むかーし一度だけ、小さい復讐しました。経営者に対して、バイト全員が我慢の限界に来ていたので、ある日一斉に全員辞めました。
参照:yahoo知恵袋

店長からするとたまったもんじゃないですよね。バックレが日常茶飯事のアルバイト事情ですが、ここまでやると店長からの仕返しも怖いですね。

人によっては、復讐しにいく店長もいるので気をつけるべきです。

これも自分のバイト時代の経験の話ですが、店をバックレた後その店付近のコンビニでバイトを始めた子がいました。

店長はコンビニの店長とその子がいるシフトの時にコンビニに突撃して、コンビニのバイトを辞めさせる様に怒鳴り込んだそうです。結局その子はコンビニも辞めたようです。

このように店長からの仕返しもありえますし、さらにそれをやり返してたとしてもきりがありませんのでおすすめではありませんね。

トンでもない辞め方をした同僚がいました。泣きながら出て行って、偶々いらしたお客様に状況を説明してました。
参照:yahoo知恵袋

前職場にて。横暴な店長にとくとくと一時間説教して辞めた猛者がいました。
参照:発言小町

これは猛者ですね。でもこんなことしたらその近辺にはもう顔出せませんよね...。

上級編:差し違えてでもかます勢いじゃないと後悔します。

1週間で出社しなくなりました。携帯も通じません。
上司が自宅まで(1人暮らし)訪ねて行ったら引っ越したあとでした。
もう1人は、やはり職場のお局様と仲の悪い派遣の方ですが、契約を
更新せず行方不明になりました。その方は、お局様、その上の上司の仕事の
管理全般を担っていたんですが、PC上のデーターを消していなくなりました。
上司の能力の無さ、お局の嫌がらせ
それに対する私達社員への無言の抗議だったと思います。
参照:発言小町

上級編です。基本的にバイト先などに損害を与えるものが多くなってきます。

このデータの削除などは、会社などはバックアップなどを取っていることが多いので、消したとしても会社が機能しなくなるほどにはなりません。しかし、中にはセキュリティがゆるいところもあるかもしれません。

全てのデータがなくなって、責任を全て取らされて損害賠償に発展するといったことも十分にあり得ます。

刺し違える位の覚悟じゃなく、かましてやったwww位のノリでもしやってしまったら取り返しがつきませんね。

口うるさい上司のデスクにマヨネーズを撒いて辞めて来なくなった人が居ました。
参照:発言小町

これはある意味上級ですね。精神的苦痛を与えつつ、刺し違えるほどのダメージを受けるわけでもない。

まあオススメはもちろんしません。

優勝:OUTです。止めましょう。

冗談にとどめて欲しいところですね。暴行は一発アウトです。

職場の上司が、1人の女性をイビリ倒してました。

耐えきれなくなったのか、その女性は退職しましたが凄い置き土産をしていました。
その上司、実は不倫をしていました。職場では誰も知りませんでしたが、女性はプロを雇い調べたそうです。
浮気の事実を上司の奥様と奥様の実家に知らせました。
そして、どうやったかは分りませんが 会社の最寄駅から会社の前の電柱まで上司と浮気相手のラブラブ写真入りのビラが貼られてました。 

私達も恥かしかったですよ、近くの弁当屋のオバサンや同じビル内の他社の人にまで声を掛けられましたから。
「なんだか大変な会社みたいだけど、アレ本当なの?」
勘弁して欲しかったですが、苛めを見て見ぬ振りをしていた私達も彼女からすれば同罪だったんでしょうね。
参照:発言小町

これは果たして本当なのでしょうかね?笑

本当だとしたらやりすぎですし、常軌を逸していますね。最寄り駅や電柱など第三者にまで迷惑をかけるのはアウトですね。

浮気でしたら、自分もアルバイト時代を思い出してみると、店長が女性アルバイトと浮気をしていた時があったのですが、店長に干されていたバイトの従業員がそのことを他のアルバイトに言いふらして辞めたということはありましたね。

みんな知ってたからあまり意味なかったんですけどね。

番外編:かまされる場合もある

まさかのカウンターですね。まあ店長もこの方も辞めて困るのは店長なのであまり意味がないんですけどね。

武勇伝を調べてみてわかったこと

個人的にはもっと水曜日のダウンタウンのような強烈なエピソードがもっとあれば良かったなと思いました。

強烈すぎたり、できすぎたりした話ですと、今はすぐ嘘松呼ばわりされるようなのでネットで発言するのも大変ですね。

武勇伝を調べてみて思ったのは、本人はやってやったと思っていた場合でも、傍から見るとため息レベルのものが多いということですね。特に個人的には、今店辞めるから喧嘩してやるよ的なあのくだりは嘲笑ものです。

結局、それを実際に行っても、自分に帰ってきますので安易にかますのは止めましょう。

今後もっと毒のある内容や、今回のトランプ大統領のtwitter事件レベルのものがありましたら随時更新していこうと思います。


【筆者プロフィール】

筆者画像

アルバイトブログライター:乾燥肌

水曜日のダウンタウンが好き。おそ松さんは正直よくわからない。

テスト期間中にシフトに入らないという些細な抵抗をしたのが、バイトでかました思い出。

わたしの携帯ショップ戦記!毎日が戦場だ!

近年、携帯電話やスマートフォンの普及で、それに関連する企業の仕事は大幅に増えたと言っていいでしょう。

当然、企業は人材を募りました。わたしもそれに乗っかりました。流されたわけではありません。自分の意思で乗っかったのです。

 

携帯ショップはお洒落な制服を着て、凛として働けるので憧れがありました。携帯ショップでバイトしたいと思っている人の中に、わたしと同じ思いの人がいたら嬉しいです。

 

タイトルにも記したように、毎日が戦場でした。

 

でもその分、時給はいいし働き甲斐はありましたね。


なんでそんなに忙しいのかって?


それはですね、いま携帯電話はスマートフォン、ガラケー(フィーチャーフォン)、PHSを含め普及率はなんと1人1台以上!持っていない人もいるわけですから複数台持ちの人もいるということですね。

 

とにかく普及率がハンパない!

 

とくに近年はシニア層の普及率が伸びていて、機械がよくわからないおじいちゃん、おばあちゃんも携帯電話持ちなわけです。

携帯電話はこれだけ幅広い層に浸透しているので、扱い方がわからない人も当然たくさん出てきます。機械がわからないおじいちゃん、おばあちゃんたちも含め毎日お店に来店される方が多いのなんのって。

 

携帯ショップはまさに現代の「かけこみ寺(携帯の)」なのです!

 

逆に考えれば、今の時代、携帯電話に詳しくなるだけで、救世主になれちゃうってことですよね。

わたしもある程度知識はありましたが、携帯ショップでバイトをしてより一層知識が深まりましたよ。

いま、「携帯ショップでバイトしてみようかな~」って思いませんでした?

わかります!わたしも実際に働いてみて、おすすめできる職業のひとつだな~と実感していたので。

携帯ショップでのバイトが気になる人、今回の特集は要チェックですよ!

 

携帯ショップってどんなところ?

わたしが働いた携帯ショップは家電量販店などみかける代理店ではなく、直営のキャリア(携帯会社)でした。大手の名前の下で働くからには、それなりの責任があるぞと自分に言い聞かせ、働くことを決めました。

 

あなたはいまどこのスマホを使っていますか?ドコモ、au、ソフトバンクのいずれかがほとんどですよね。さらに携帯ショップで携帯を買う人が多いでしょうから、働く側の雰囲気もなんとなくわかるかと思います。

携帯電話はいまやインフラと言われることもあるくらい、無くてはならないものです。その携帯を取り扱うお店で働けるなんて幸せだな~という呑気な感じでわたしの携帯ショップライフはスタートしました。

携帯ショップは主に携帯を販売するところ…でもあるのですが、それ以外にも不具合を訴えるお客様や料金プランに悩むお客様の問い合わせ、操作方法の説明など様々な対応ができるショップとして存在しています。

 

携帯ショップで働いているからにはみんな携帯が大好きで詳しいんだろうなと思っていたんですが、意外にもみんながみんなそうではなく、むしろ普通の人が多かったです。

携帯ショップで働く人のタイプは人それぞれで、携帯大好き人間が集まっていると思ったのは、わたしの偏見だなぁと改めて自分の考えを直しました。

もちろんお昼にはみんなでランチしたり、仕事後に飲みにいったりもしますよ。その時話す話題は携帯のことよりもコイバナとかですかね。

 

ですから、あなたが携帯電話を大好きである必要はありません。どんな人でも働けるのが携帯ショップです。もちろん仕事は覚えることがたくさんありますけどね。それは勉強でカバーできますので安心してください。

みんな仕事には熱心で(時給がいいから)、休み時間でも勉強してる人もいたなぁ。わたしはそこまで頑張りませんでしたが、知識やスキルを増やすことは今後のキャリアアップに繋がるので、それを望むなら携帯ショップはおすすめです。

お客様の接客をして、商品選びのサポート、契約、不具合や故障の対応、操作方法のご案内などをしているとあっという間に1日が終わります。

そして

 

「飲むぞ~」

 

って感じでみんなで帰宅していくんです。

 

機種の説明、できるか不安……

携帯ショップでバイトをしようと思うからには、おそらくスマホユーザーである前提ではないかと思うのですが、いくらスマホユーザーでも完璧に使いこなしている人なんていませんよね?

わたしは大体、アプリ入れてゲームして、ニュース(芸能)を見て電池残量が残りわずかになっていくタイプですが、みなさんはどうでしょう。

最近はLINEの普及で電話をする機会が減りましたよね。LINEばっかりしてる子たちもいましたよ。ショップ店員の中には。特に若い世代はそうですね。

 

ショップ店員「今日○○○な失敗しちゃって、へこむ(>_<)」

お相手「大丈夫だよ~、元気出してね」

 

な~んてラブラブなやり取りでもしてるんですかね~。

まぁそれはいいとして、このように一見スマホを使いこなしているように見えるユーザーでも、実際には機能の半分も使いこなせていないのが現実です。

多くの人が使う機能には詳しくてもマイナーな機能については知らなくて当然です。ですがショップ店員がその機能についてわからなくては、お客様も頼るところがありません。

携帯ショップの店員はそういった普段使わない機能に関しても勉強が必要だということです。もちろんバイト初日からすぐに座学が始まるので、居眠りせず普通に講習を受けていればなんの心配もいりませんよ~。

わたしは半分意識が飛んでいましたが…

 

おかげで一部知識がうろ覚えだったものですから、うっかりやっちゃうこともありましたね~。ははは。

でも、それもご愛嬌。完璧に覚えている人なんていませんから、お互い失敗しながら助け合っているので、これから携帯ショップで働こうと考えている方、心配いりませんよ!

接客技術に関しても【ロープレ】という接客シミュレーションを行ってくれるので、ある程度、接客の基礎ができた状態で現場に立つことができます。もちろんそこからが本番ですから、現場で学ぶことの方が多いのは確かです。

 

携帯電話は常に進化しています。新しい機種、新しい機能が追加されれば、携帯ショップもその進化に付いていかなくてはなりません。

ではどうすればいいのか。わたしがバイトしていた携帯ショップでは、新しい機能や機種が出ると、勤務時間内に交代で勉強会が開かれていました。その時に上司がきちんと教えてくれるので、学ぶ機会はちゃんと用意されています。

講習を受けても理解が及ばなければ、自宅で復習するのもありですね。高時給なので、そのくらいのサービスはしましょう。勤務時間外で仕事のことを考えたくなければ、講習内できちんと覚えてしまうのがいいですよ。

 

どうですか?機種の説明ができるか不安だった人も、いまは安心しているのでは?初めはみんな同じです。わからないことだらけ。でもサポート体制が整っているので、携帯ショップはおすすめできるんです。

 

携帯ショップ経験で一番のネックは、まさかの!?

ここまで、携帯ショップでバイトしようという人のために、ある程度幅広く知識をお伝えしてきましたが、ここからはわたしの体験上、意外な盲点やあるあるをお伝えします。

わたしが携帯ショップで働こうと思ったのは、高時給なのもありますがあの制服姿に憧れたからなんです。きちんとした格好で、清潔感があって。

 

わたしは単発バイトで軽作業などのバイトもしていましたから、えらい差ですよね。^_^;

そんな雰囲気に憧れもあってバイトを始めたのですが、まさかあんな仕事をさせられることになるとは……

 

実はわたし、そんなに手先が器用な方ではありません。細かい作業が苦手というか…

携帯ショップって携帯を売ってますよね?でも携帯だけじゃないですよね?

 

そう、アクセサリー類も販売しているんです。

「それがなにか?」って?

「なにか?」じゃありませんよ!
アクセサリーの中にわたしの天敵がいるんです!
そう、あいつです!

 

“THE 保護フィルム”

 

この保護フィルム、携帯の画面を傷から守る為に貼るものなんですが、貼るのが苦手なんですよね~って人多いんじゃありません?

わたしもその一人で、この保護フィルムを貼ると時、ほこりや気泡が入ったり、手の脂がついたり、斜めに貼ってしまったりと、貼るだけで神経が疲れます。

携帯ショップでバイトしていた時、携帯ご購入のお客様に保護フィルムもセットで勧めるよう上司から言われていました。

 

いいんですよ?普通に買ってくれるなら。

 

ただね…

 

大抵のお客さんがこれを貼ってくれって頼んでくるわけですよ!
自己責任のものなので、こちらで保護フィルムを貼ることは店側から止められていたので、基本的にはうまいこと言って逃げられるんですが…

あまりに断っていると、なかには怒りの感情をあらわにしてくるお客さんもいるので、そういう時は仕方なく貼っていました。

 

でも失敗したらどっちの責任?みたいになるじゃないですか。

 

本来はお客様自身で貼るものですから、携帯ショップの店員が貼るのはグレーゾーンだと思うんですよね。むしろあんなに失敗しやすいものが1枚1000円前後で売っているのがおかしいんだ!とも思いますけどね。

わたしが働いていた期間にも、この【保護フィルム問答】は幾度となくありましたね。

「貼ってくれ」

「それがですね…」

「いいから貼ってくれ」

「いやいや、ですから」

みたいな。


この保護フィルムを貼る仕事がわたしには一番の苦痛でした。保護フィルムを貼るのが上手な人にはあまり苦にならないとは思いますが、あなたはどう思いますか?

 

それでも携帯ショップで働くことがおすすめの理由

わたしが保護フィルムを貼るのが苦手だということがよくわかったところで、次の話題に進みたいと思います。

仕事には嫌な面が付き物です。保護フィルムもいい例です。ですが、それでもわたしは携帯ショップでバイトすることをやめようとは思いませんでした。

 

それは何故かというと、それ以上にメリットが大きいからです。

わたしの個人的なメリットですが、携帯ショップで働いていて以下のようなメリットを感じていました。

 

  • 綺麗で快適な環境で働ける
  • 携帯の最新トレンドが知れる
  • 携帯ショップの店員はステータス
  • 高時給で買いたいものが買えた
  • 仕事後の飲み会が楽しかった
  • かわいい制服を身に纏える
  • 知識や接客技術が向上するのでさらにスキルUPを狙える

 

いかがですか?わたしが感じたメリットに対して、保護フィルムを貼るのが嫌なことなど、たかが知れています。

それから忙しいと言っても、それは充実感にも繋がるので、わたしは忙しさが嫌いではありませんでした。時給もいいですから苦になりませんし。

これが、携帯ショップをおすすめできる理由です。

正直、1つ1つだけでは弱いですよね。でもこれだけ多くのバイトするメリットがあれば、人はどんなに大変でも頑張れちゃうものです。

 

やっぱりバイトするには、メリットは必要ですからね。

 

わたしと同感だというあなたは携帯ショップでバイトすることが向いているのではないでしょうか。あとは1歩踏み出す勇気だけですね。がんばって!

 

まとめ

わたしが数多くバイトしてきた中で、携帯ショップはまたバイトしたいなと思う職業のひとつです。逆に二度とやるかって思う職業もありますけど。ふっふっふ…

それについては、またいつかどこかで書く機会があれば。

数あるバイトでメリットがたくさん存在するというバイトはそうはありません。人によってメリットと感じる部分、感じない部分は違うと思うので個人的な主観ではあります。

 

あなたにはありませんか?

いま思い出してもあのバイトは良かったなぁって思うこと。いくつかバイトを経験していれば、きっと好きだったバイト先があるのではないでしょうか。

携帯ショップでのバイトはもしかしたらあなたの好きだったバイトランキングを更新するかも知れませんね。

 

ここまで読んでみていかがでしたか?読む前よりも後の方が、携帯ショップに興味が湧いたという人が少なからずいるはずです。

これからも新しい携帯電話は発表され続けるでしょう。あなたはそのトレンドの最先端に立って、世の中に、ユーザーに新作を広めていくわけです。

かっこよくありませんか?

わたしはとても素敵な仕事だと今でも思っています。これからバイトするならぜひ携帯ショップも視野に入れて探してみてください。きっとあなたにとってプラスなことがあると思いますよ。

 


【ライタープロフィール】


名前:chocomint
バイト経験:コンビニ、書店、居酒屋、パチンコ店、コールセンターなど。
趣味:スマホゲーム、映画鑑賞
最近は動画サイトで猫の動画を見るのに絶賛ハマり中です。

テニススクールの受付バイトからコーチ、正社員、そしてショップ経営者になった私の体験談

今回はテニススクールの受付のバイトからコーチになり、その後正社員に昇格し、最終的にはテニスショップ経営者にもなったemilollaさんに、テニススクールのアルバイトについて体験談を元に解説していただきました。

以下本文になります。


誰でも好きなことを将来仕事にできたら、と考えますね。

たとえば、テニスに夢中な頃に、テニススクールでバイトとして働くほとんどの人がやってみようと言う気持ちになるのではないでしょうか?

私もまさしくその一人でした。

そして、テニススクールでバイトを始めたことで、さらにテニスにのめりこみ、ついには自分でテニスショップを開くまでになったのです。

では、私がテニススクールでバイトをしていた頃の話を詳しくお話していきましょう。

私がテニススクールでバイトを始めることになったきっかけ

中学、高校とバスケットボールと水泳をしていた私ですが、友達に誘われて大学に入ってからテニスをするようになりました。

最初はテニスなど、スポーツじゃないと思っていた私です。

ところが、一度やってみると見た目よりも激しいスポーツであることを知り、どんどんのめりこんでいったのです。

そんな私だったので、まずはテニススクールから入ることにしました。

テニススクールでコーチにラケットの握り方から教えてもらったのです。その時のコーチは大学の先輩でした。

そのテニススクールに通うことが楽しくて、レッスンがない日も見学に行ったりしていた時、先輩のコーチから受付のバイトを募集していると言う話を聞いたのです。

すぐに応募をして、採用してもらうことが決まりました。

その当時のバイト代としては、最低賃金くらいの安いものでしたが、バイト代よりもテニスに関わることが嬉しかったので、受付のバイトがとても嬉しかったのです。

テニススクールの受付は雑用が一杯?

テニススクールの受付って、スクールに来る生徒さんたちの登録や、予約の変更などだけだと思っていたのですが、正直、甘かったです。

そのテニススクールは、キッズテニスからシニアまで数多くのレッスンを行っていましたが、コーチを始め、かなりの人材不足でした。

そのため、受付の仕事に慣れてくると、掃除や販売しているテニス用品の納品チェック、陳列、テニスメーカーさんとの交渉やテニススクールのホームページの更新など、様々な業務に携わることになりました。

けれど、好きなテニスのことがいろいろとわかってくるのが嬉しかったので、週に5日はバイトに入っていたように思います。

基本的には、夕方4時から23時までのバイトでしたが、その23時以降の1時間だけは自由にコートを使っても良かったので、毎日1時間は練習することができました。

また、バイトが休みの日でも、コートが空いていれば自由に使って良いと言われていたので、結構テニスをする時間は多かったのです。

テニススクールの受付の仕事を続けているうちに、先輩のコーチなどと一緒にプレイすることも多くなり、徐々に私は試合にも出るようになりました。

そして、受付のバイトをして3か月ほど過ぎた頃、先輩のコーチが、「テニスコーチのバイトもしてみないか?」と声をかけてくれたのです。

テニススクールの受付からテニスコーチへ

試合で少しずつ勝てるようになると、さらに上を目指したくなるものですよね。

先輩コーチの教えもあって、私は様々なグッズを試して、自分にとって最強のラケットやシューズを手にすることができたのだと思います。

テニスをする者にとって、自分に適切なグッズがどれだけプレイに影響するか、思い知ったのです。
テニスのグッズ選びはとても重要なのですね。

先輩コーチに誘われて、そのテニススクールのコーチの採用試験を受けることになりました。

一番トップのコーチが見ている前で、他のコーチとラリーをし、試合もし、判定されるのです。緊張と不安で一杯だったのですが、何とか採用して頂きました。

テニスコーチ採用となって、時給は50円だけ上がりました。

けれど、やはり時給のことよりも、テニスコーチとして採用されたことの方が嬉しかったです。

私が最初に受け持ったのは、初心者クラスのサブコーチとしてでした。もちろん、最初はクラスのボール集めや的となる三角コーンの設置など、本当にお手伝いの仕事でした。一緒に入る先輩コーチの指示で、いろいろな作業をします。

そんなサブコーチを1か月ほど続けて、やっと一人でクラスを任せてもらった時は、嬉しいよりも緊張と不安で一杯でした。

初心者クラスのコーチで困ったこと

初心者クラスには、全く初めてテニスをする人がほとんどでした。ラケットもまだ購入されていなくて、スクールの試打用ラケットを使って、レッスンを受ける人もいました。

そんな人々が、自分に合ったラケットを選んでもらいたいと願うのは当然のことです。

しかし、実際にどのラケットがその人に合うのかは、新人テニスコーチの私には良くわかりません。それでも、もちろんわかりませんとは言えないので、こっそり先輩コーチに相談します。

先輩コーチは、生徒さんたちの体型や年齢、力のあるなしを見て勧めるラケットを決めて、それをレッスンで使ってもらいます。

そんな流れでラケットを決めるので、テニススクールでラケットの相談をする場合は、ほぼ新しく販売中のラケットを勧められることがほとんどでしょう。

シューズも同様で、新しいラインナップのテニスシューズをスクール生価格などで少し割引して購入することがほとんどですね。もちろん、他のテニスショップなどで購入しても問題はないので、テニスに詳しい友人などがいたら、相談するのも良いでしょう。

初心者クラスであっても、一度テニスコーチとなってしまったら、生徒さんたちは様々な相談をしてきます。そのため、自分でわからないことはテニス雑誌を読んだり、先輩のテニスコーチに聞いたり、勉強することがたくさんありました。

その頃の私は、自分のテニスを楽しむよりも、テニスコーチとして独り立ちできることに必死になっていたのです。

レッスン中に起こった大きな事件!

初心者クラスのレッスンをしている時、一度、大きな事件が起こりました。

生徒さんである40代の男性のボールが、他の女性の生徒さんの後頭部に直撃してしまい、その女性が脳震盪を起こして、倒れてしまったのです。

もちろん生徒の男性にあてようとした意識はなく、後ろから打ったサーブがたまたま前衛の女性に当たってしまったのです。女性が倒れた時には、私も真っ青になり、すぐに駆け寄ったのですが、意識がありません。

先輩コーチに伝えて、しばらく意識が戻らなかったら救急車を呼ぼうと言う話をしていたところ、女性が意識を取り戻しました。

けれど、もちろん頭のことなので、そのまま先輩コーチが女性を病院に連れて行きました。

診察の結果、軽い脳震盪とのことで、外傷は特になく、そのまま帰宅となりました。

テニスコーチをしていた私はかなり落ち込みましたが、このような事件は時々あることで、しかも防ぎようがないとの話をヘッドコーチから受けました。

それでも、その事件のことは今でも私の心の中から消えることはなく、トラウマのように残っています。

この時から、生徒さん同士のラリーや、試合形式の時のボールの行先などにかなり神経質にとらえるようになってしまいました。

ボールを直撃した女性はその後もレッスンに来てくれて、私に気にしないでと言ってくれましたが、テニスボールの直撃を受けて、亡くなった事件もあると聞いているので、改めて心を引き締める思いでした。

テニスコーチとしての階段

テニスコーチとなって1年過ぎた頃には、私はテニススクールの正社員となっていました。

テニスコーチも様々なクラスを受け持つようになり、コーチとしての教え方や方向性もやっと身についてきた頃です。

テニススクールでコーチをする傍ら、テニスに関する様々なことを勉強するようになっていて、ガット張りも生徒さんのラケットを始め、スクール内の試打用ラケットや自分のラケットなど、あらゆるラケットにガットを張ることで、その技術も高めていきました。

また、テニスメーカーの商品の展示会にも行くようになり、新商品の性能の良し悪しもだんだんとわかるようになっていきます。テニススクールにいると、いろいろな情報が入ってくることから、テニスに関する知識はとても豊富になります。

正社員でテニスコーチをするようになると、新人のバイトコーチも入ってきてそのコーチたちの指導もするようになりました。

自分が通ってきた道なので、新人のバイトコーチたちの気持ちが良くわかり、そのことは指導をする上でも大きく役立ったと思います。

新人のバイトコーチに教える時に、テニスの技術よりも教え方を伝えることが多かったですね。自分も技術を教えることばかりに必死でしたが、特に初心者クラスの生徒さん達には、わかりやすく、また楽しんでテニスをすることを教えることが先決だったことを反省点として持っていたからです。

ただし、上級クラスともなると少々対応は違ってきます。

生徒さんたちの技術は高度になってくることから、生徒さんたちに試されている、と感じることもあるのです。

強打のボールを打ってきて、コーチをやっつけたい、と夢中になってくる人もいます。

コーチとしてはあくまでもちゃんと相手が打ちやすいボールを返してあげるのが本当なのですが、あまりの挑戦的なボールに、思わずこちらも本気で強打を打ち返してしまうこともあります。

時々、あとでやり過ぎた、と反省するのですが、テニスをするものとしてムキになってしまうこともコーチにはあるものです。

けれど、コーチが本気になったと言うことは、それだけ良いボールを生徒さんが打っていると言うことでもあります、

テニスコーチはガット張りが必須!

テニスコーチとして採用されたら、まずはガットを張れるように指導されます。

テニススクールでは、当然生徒さんたちのラケットのガット張りを請け負っていますので、バイトコーチであっても、空いている時間にはガット張りをすることが多いのです。

ラケットのガット張りは、特に資格が必要なわけではなく、10本くらい張ればすぐにその技術を習得することはできるでしょう。

しかし、ラケットのガット張りには実に深いポイントがあり、縦糸と横糸の関係や、ラケットとガットの関係などでその張り上がりにかなりの差が生じるものです。

同じラケットに同じガットで、同じ強さで張ったとしても、張る人によって仕上がりの具合が違うのです。

そのため、上級クラスのプレイヤーになればなるほど、張るコーチを指名する場合も出てきます。テニススクールにとっては、指名料を取る場合もあり、それだけ張り上がりの違いは明確だと言うことです。

テニススクールのラケットフェアやシューズフェア

テニススクールでは時々、ラケットフェアやシューズフェアなど様々なイベントが行われますね。通常の価格よりもかなり安くして販売するイベントです。

生徒への感謝セールなどとうたっていますが、これは定期的にテニスメーカーから安く仕入れることができるラケットやシューズを提供することで、テニススクールを盛り上げるイベントとなっています。

昨年モデルのラケットとか在庫処分のシューズなどが並び、安い価格で販売されていますが、購入するのに問題がある商品であるわけではありません。

最新のラケットやシューズが必ずしも最良とは限らず、昨年モデルの方が製品として性能が高い場合もあります。

そのあたりの情報は、テニス雑誌などで把握して、イベントを効果的に活用すると良いですね。また、そんな場合にもテニススクールのコーチに相談することはお勧めです。

テニススクールで開催される試合は出るべき?

テニススクールでは、定期的にスクール内、あるいはオープンのスタイルで試合が行われることがあります。
テニスを始めたばかりの人は、とりあえずスクール内の試合に参加してみると良いでしょう。

試合は練習と違って、緊張感もあり通常通りのプレイができない人がほとんどです。その経験こそが上達の秘訣でもあるので、何度も試合に出ることは大切ですね。

また、スクール内の試合に慣れてきたら、ぜひオープンの試合にも挑戦してみましょう。オープンの試合では、自分たちとは全く違うテニススタイルをする選手もいて、とても勉強になります。

そのような試合での経験を次に活かすことがきっとできるはずです。

試合に出て、その時の状況をテニスコーチに相談し、どのような練習をすることが効果的なのか、目標を定めることもできます。

テニスは楽しくできればいい、と思っていた人も、試合に出ればきっと考え方も変わり、テニスのレッスンにも前向きな態度で向き合うことができるでしょう。

テニススクールのバイトはテニスコートを自由に使えるの?

テニススクールにもよりますが、テニススクールでバイトをする人たちは空いているコートを自由に使うことができます。ただし、レッスン中はなるべくコートを空けないようにレッスンを組みますから、営業時間外のコートを使うことになります。

けれど、テニススクールが休校の時などは、テニスコーチたちでコートを使い、自分たちの練習に活用されることがほとんどです。

先輩コーチに技術的なことを教えてもらったり、試合に向けての練習をするなど、有効活用されています。
テニスが好きでテニススクールでバイトを始めた人にとっては大きなメリットと言えるでしょう。

テニススクールで販売しているテニス商品は安く買えるの?

テニススクールによって違いはありますが、通常の販売価格よりは安く買えることが多いですね。また、新作のラケットをコーチ用にと何本か持ってきてくれるメーカーもあり、テニススクールのバイト料が安くても、そのようなメリットは多くあります。

たとえば、テニスラケットのガットを張るには通常ガット料金と工賃がかかりますが、自分で張れば工賃がありませんし、ガット料金も安くなるので、かなり条件は良くなりますね。

このガット張りも先輩コーチに教えてもらっていくうちに、技術が上がってくるので自分でも最良のラケットを生みだすことができるでしょう。

新しいガットも次々と開発されており、自分に合ったガットを探すのもまた楽しいですね。

テニススクールで試合が行われた後にはロストボールと言って、試合に使ったボールがかなり多く出ます。このボールを練習用のボールとしてもらうこともできるので、テニス関係の商品には、ほぼ困ることはありません。

いち早く良い商品を知り、手にすることができるのはテニススクールでバイトをしているからこそですね。

テニススクールのバイトは募集が少ない?

テニススクールは、新学期に向けて生徒の変動が大きくあります。新しく入ってくる生徒さんも多いため、春先は一番活気がある時と思って良いでしょう。

こんな時にテニスコーチの募集を出すところも多いのですが、すぐに埋まってしまうこともまた事実です。

これには理由があり、テニスコーチの中には学生コーチが多いのですが、その学生コーチの紹介などで後輩が決まってしまうことがあるのです。

同じ大学のテニス部で、卒業して他に就職を決めた先輩が、後輩を連れてくる形が多いですね。

ただし、これがすべてではありませんので、テニススクールでコーチのバイトをしてみたいと思ったら、実際にテニススクールに行って、話を聞いてみると良いでしょう。

意外に人手不足なので、一週間に1日だけ、と言うくらいのバイトから採用してくれることもあります。まずは、自分で話を聞きに行く前向きな姿勢がお勧めです。

テニススクールのバイトは将来の就活に影響する?

これは人によって違うと言えるでしょう。

テニス技術が高く、様々な試合に出場し、成績を残していればテニスメーカーから声がかかることもまれにあります。

また、テニススクールでそのまま正社員として採用を勧められることもあるでしょう。

自分が何をやりたいかによっても進むべき方向は変わってきますが、テニススクールのコーチとしてバイトをしながら試合で好成績を収めて、実業団に入った人もいます。

また、テニス雑誌の会社に就職を決めた人もいますね。

けれど、その多くはあくまでもテニススクールのコーチは趣味の世界としてとらえており、一般のテニスとは関係のない会社に就職をする人が多いです。

ただし、テニススクールでコーチをしていたことは胸を張って、履歴書に書いて良いと思います。テニスコーチと言う専門性を持っていることは、どんな会社に対しても武器となるからです。

テニスコーチとして向いている人とは?

テニスコーチは、言ってみれば誰にでもできる仕事です。

特に資格とかがないからです。

しかし、性格的にテニスコーチが向いている人、いない人はあるかもしれません。

テニスコーチは生徒さんを選ぶことができないので、ある程度誰とでも打ち解けられる性格であることが求められます。

テニスの技術は練習をすれば、ある程度誰にでもつけることはできますが、生徒さんとのやり取りや、教え方などに向き不向きはあります。

キッズやジュニアのテニスコーチはやはり子供が好きでなければ難しいでしょう。子供は自分の思うようにいかなかったり、何かのきっかけでレッスンの途中で放棄する場合があります。

そんな時に、子供の気持ちをくみ、うまく練習に引き戻せるかどうかがポイントとなります。

それには子供の扱いに慣れていかなければなりません。大人相手のレッスンよりもむしろ難しいかもしれません。

初級、中級、上級クラスなどそれぞれに難しさはありますが、テニスコーチをしながらでも地論自分のテニスレベルを磨くことは大切です。

けれど、多くの生徒さんが望んでいるテニスコーチとは、テニスがうまいことよりも一生懸命にレッスンをしてくれることでしょう。

生徒さんが遠くに飛ばしてしまったボールでも一生懸命追いかけて返してくれるコーチは、とても人気があります。走って汗を流してくれるコーチにみんなが憧れるのです。

テニスコーチとして生徒さんから嫌われるのは?

逆にテニスはうまいけれど、生徒さんから人気のないコーチも中にはいますね。

まず、あまりフレンドリーに話をしないコーチです。

生徒さんが何か聞きにいっても、的確な答えを出してくれずに、「そうですね」「それもいいですね」などと言葉を濁してしまうコーチです。

生徒さんはテニスコーチを信頼していろいろと質問をするわけですから、面倒くさがらずに答えを出してあげなければいけません。

また、自分にわからないことであれば、調べて後日答えるなどの真摯な態度が必要でしょう。

テニスがうまく、試合でも好成績を残しているからと言って、必ずしもテニスコーチに向いているわけではないのです。

テニスコーチのバイトのやりがいって?

テニスコーチをバイトとしてやっていて良かったと思うことは人によって違うでしょう。

けれど、いろいろなバイトの中でもテニスコーチのように人に教える仕事はとても貴重な経験ができると思います。

自分がテニスの練習をしてうまくなることと、人に教えてうまくすることとは大きな違いがあります。人に教えることには、とにかく忍耐力が大切です。

同じことを何度も繰り返し教えても、すぐにわかってもらえないことがほとんどです。しかし、逆に自分が教えてきたことを生徒さんがクリアできた時の達成感は何とも清々しいものと言えるでしょう。

テニスコーチのバイト料は、最初は決して高いものではありません。

しかし、そこから経験を積み、テニスレッスンの数を多くこなし、レベルも上がるにつれて、給与も上がってきます。また、ガット張りの指名料をもらうこともできるかもしれません。

けれど、それよりも自分が人を育てている、生徒さんたちが信頼をしてくれていると感じることにやりがいを持てるのではないでしょうか?

しかも、それが自分が好きなんテニスで得られるのだとしたら、それは大きなポイントだと思います。

テニススクールでのデメリットを感じる時

自分がテニススクールなどに通っていた生徒の立場であった時、テニスコーチたちはかなり多くの給料をもらっているのだろうと漠然と思っていました。

しかし、実際に自分がその世界に入って見ると、人によってその給料は様々で、決して高いものではありませんでした。

テニススクールのコーチとしてバイトで生計を立てていくことはまず不可能でしょう。
しかし、テニススクールで正社員になったり、テニスコーチのバイトの他にも兼業している場合はまた別です。

テニスが好きでコーチとしてバイトをすることは、自分の趣味を活かせる方法と思われますが、中にはこのバイトを長く続ける人がいます。

しかし、バイトを長く続けていることで、一般的な会社に就職することを断念してしまう人もいますね。

将来のことを考えると、バイトとしてではなく社員としてのコーチの道を考えるか、テニス関係の会社への就職を考えるかなど、将来設計を見直す必要があるでしょう。

最近のテニススクール事情

最近では、キッズやジュニアのテニススクールレッスンがとても多くなっています。

それに伴い、キッズやジュニアのレッスンの内容も変化してきており、毎日レッスンがある強化クラスができたり、ジュニアの試合にもどんどん出場させるテニススクールが多くなりました。

キッズやジュニアのレッスンに通う子供たちの親の多くは、現役のテニスプレイヤーなどもおり、子供たちにかける期待はとても大きなものです。

その情熱は時にテニスコーチへの指導への不満や疑問となって吹き出すことがあります。

自分の子供のレベルが上がらないことへの不満、自分の子供のレッスンレベルへの疑問などで、テニスコーチにだけでなく、テニススクールそのものにクレームがきたりするのです。

子供を持たない若いテニスコーチには、子供よりもその親への対応の難しさがネックとなりコーチとしての自信を失ってしまうことがあります。

また、レッスン中に常にコートの外で見ている親に対してのプレッシャーなどが重なり、心労に苦しむコーチも多いのです。

テニススクールでは多くの生徒さんを集めるために、キッズやジュニアクラスは必要なので、親に対する対応方法を議論されることがあると言います。

テニスに限らず、キッズやジュニアの育成に親がどこまで関わるかは、社会的に大きな問題となっていますね。

長く人気が途絶えないテニススクール

テニススクールと言っても、最近ではいろいろなところにできています。

しかし、長い間ずっと人気が途絶えないテニススクールは、それなりの実績と信頼を得ていると言うことでしょう。

有名なテニスコーチがいたり、プロテニスプレイヤーが所属しているなど、様々な理由がありますが、長い間人気が途絶えないテニススクールには何かそれなりの魅力があるはずです。

テニススクールはテニスコートなどの設備やスクールの金額、スクールレッスンのレベル分けなどあらゆる条件でその人気が変わってきます。

古いテニスコートが3面しかなくても、絶えず生徒さんが途切れないスクールもあるので、テニススクール選びには人気の理由を調べてみる必要があるでしょう。

これからテニススクールでのバイトを目指す人へ

テニスが好きで、テニススクールでバイトをしたいと考えている人がいれば、ぜひ参考にしてもらいたいことがあります。

まず、テニススクールを厳選することです。

大きなテニススクールであれば、勤務条件が良いとは限りません。

小規模のテニススクールであっても、勤務時間や時給の条件が良い場合もあります。

問題は自分が何故テニススクールでバイトをしたいのかを明確にしておくことです。テニスを楽しめれば良い、と言う人もいるでしょう。

また、将来的にテニス関係の仕事がしたいと考える人もいるでしょう。

それによって、バイトをするテニススクールを選別することも必要です。

大きなテニスクラブと併設して運営しているテニススクールでは、隣の名門テニスクラブにプロテニスプレイヤーが所属している場合もあり、そこで知り合えるきっかけもあります。

その選手と知り合うことで、テニスメーカーと親密になれたり、テニス関係の雑誌社と懇意に慣れる場合もあります。

また、有名テニスコーチがいるテニススクールでは、自分が将来的にテニスコーチとして独り立ちできるだけの技術を身につけることができるかもしれません。

しかし、自分がテニスプレイヤーとしての将来を目指すのであれば、とにかく整った設備のあるテニススクールで、多く練習できることが第一となります。

このように自分がどのようになりたいかを考えて、テニススクールを選ぶことをお勧めします。しかし、中にはテニススクールをいろいろと渡り歩く人もいますので、いろいろなテニススクールを経験することもひとつの方法かもしれません。

好きなテニスを活かして、自分の将来を真剣に考えてみてはいかがでしょうか?

***********ライタープロフィール***********

emilollaプロフィール画像

アルバイトブログライター:emilolla

テニスショップでアルバイトをした後、独立して自ら経営も行っています。

テニスが好きで好きで、受付のバイトからアルバイトコーチ、正社員、そしてテニスショップ経営まで行っていました。

関連記事:テニスショップのバイトから独立して経営者になった私の本音体験談

***********************************

バイト掛け持ち!一杯失敗してきた筆者が必ず成功する方法を伝授!

バイトの掛け持ちなんかやめとけって。

マジ大変だぞ?

まぁちゃんとやればかなり稼げるけどな。

 

というのが本音のところです。

というのも、筆者が「掛け持ちバイト」を掛け持ちしすぎて失敗ばっかりしてたからなんですよね。

学校へ行きながらとか、何かしながらだと、バイトできる時間って飛び飛びになったりするので、どうしても違うバイトを入れないといけなくなってきます。

また、学費や生活費を稼ごうと思っていると、睡眠時間を削って働くしかなくなってくるんですよね。

今考えるとかなり無茶なシフト組んでました。

これは効率がものすごく悪くて、「稼ぐためには掛け持ちしないといけない」のに、掛け持ちすると無理がたたって長続きしない。

そのために、掛け持ちバイトを転々とする羽目になります。

こういう失敗をせず、掛け持ちバイトを成功させる方法をご紹介します!

 

なんのために掛け持ちするの?そこは大切!

稼ぐため?

稼ぐために掛け持ちしようと思っているなら、まずほかに方法がないかを考えることをおすすめします。

日給9000円の仕事をして、時給1000円のバイトを3時間掛け持ちするとなると、

1日の収入は12000円。

時間にすると11時間。

これなら、1日8時間働いて15000円くらいのバイトを探せば、そっちの方が楽かもってこと。

もちろん、日給15000円の求人ですと、体力的にきついものも多いです。

最近はそうでもないものもありますが、高収入ということは、それなりの厳しさがあると思っていいもの。

ただし、楽なバイトの「掛け持ち」を睡眠を削って長時間するのか、厳しいバイトで短時間で稼ぐのか、どちらがつらいかはわからない面があります。

さらには、日給15000円のバイトをして、時給1500円以上のバイトを3~5時間するっていう無茶な稼ぎ方もあります。

こうした無茶は、短期バイト用です。

長期では必ずどこかで破たんし、辞めてしまうことになりかねません。

稼ぐのが目的なら、目標額と期間を定め、最も効率のいい働き方を探す必要があります。

ただ闇雲に掛け持ちすることは、本当にきついのでおすすめできないということです。

 

いろいろな職種を経験するため?

「いろいろな職種を体験したい!」「たくさん仕事を経験していろんなことを知りたい!」ということであれば、数をこなすことが必要になってきます。

そうなると、1日のうちにいくつもバイトを入れるのか、週に何件も違うバイトを入れていくのかという働き方の選択肢があります。

月、水、金はコンビニ、火、木はカフェ、夜は居酒屋、土日はイベントスタッフみたいな。

これもやり過ぎると、「続かない」ので注意がいりますね。

 

細切れの時間しかとれないから?

また、学校などに通っているなどで細切れの時間しか取れない場合もあります。

こうした場合、朝バイト、昼学校、夜バイトとか、朝昼バイト夜学校、深夜バイトなどのパターンなんかが考えられますよね。

ようするに8時間フルタイムで仕事ができないという場合ですね。

 

私の場合、学費や生活費を稼がないと行けませんでしたし、いろんな仕事を体験してみたかったですし、学校へ行っていたので時間も細切れでした。

全部あてはまってますね。

そのため、かなり無茶な掛け持ちをしてひどい目に合ったものです^^;

 

掛け持ちバイトは確定申告のなにがややこしいの?

よく、掛け持ちでバイトする場合、確定申告がどうとかこうとかいいますけど、まったくややこしくはありません。

ほかのブログ記事と同じことを書いてもしょうがないので、筆者の体験をお話しします。

筆者はとくに確定申告に詳しいわけではありません。

どちらかというと苦手な分野で、さっぱりわからないといってもいいくらい。

なので、実際に必要な知識だけをお伝えします。

 

確定申告が必要なのは年収103万円以上のみ!

まず、掛け持ちしていようと、していまいと、確定申告が必要なのは一年間の収入が103万円を超えるときだけです。

月5~6万程度の収入であれば確定申告の必要はありません。

 

103万円以上稼いでいる場合は源泉徴収票をもらうこと

一つひとつのバイトが年収103万円を超えていない場合、源泉徴収票がもらえないことがあります。

ただ、掛け持ちバイトの合計が103万円を超えると確定申告が必要になるので、一つひとつのバイトが103万円を超えない場合でも源泉徴収票をもらわないといけなくなるわけです。

源泉徴収票というのは、簡単にいうと年末調整した上で税金がかかる所得を表した票です。

 

確定申告は必要な書類をもって期間中に税務署へ行けば職員がやってくれる

確定申告自体は、期間中に必要書類をもっていけば職員さんがやってくれます。

かなり並びますが^^;

必要書類も、控除がなければそれほど多くはありません。

源泉徴収票と年金、保険の支払い証明だけです。

詳しくはこちらを参照してください↓

https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tokushu/hajimete.htm

 

ポイント整理

  1. 確定申告は、年間103万円以上の収入がある場合のみ!
  2. その場合は源泉徴収票をもらっておくこと!
  3. 確定申告自体は税務署でやってくれること!

 

掛け持ちバイト、履歴書にはなんて書けばいいの?

まず、掛け持ち、ダブルワークOKのバイトかどうかをチェック。

私の場合、掛け持ちOKのバイトなら、職務経歴の欄に「在職中」と書いていました。

面接時に、「退職されてからこちらで働きますか?」などと聞かれる場合もあります。

「掛け持ちでやります」といっても大丈夫な場合と、ダメな場合があります。

ダメな場合は、きっちりフルシフト入るような場合、ほかで掛け持ちされると影響が出ると思われるときです。

1日2,3時間しか入らないようなバイトなら「掛け持ちです」といっても大丈夫。

また、掛け持ちは基本的にダメというバイトもありますよね。

フルタイムのアルバイトだと、掛け持ち禁止のバイトもあります。

そういう場合、「ほかで掛け持ちバイトをすると、こちらの仕事に影響が出る」とみなされるからです。

これは、ある意味当たっていて、体験から言うと「掛け持ち禁止」の場合、掛け持ちはしない方がいいということ。

ムリすると続かないんです。

自分だけは大丈夫と思ったり、どうしてもやらなきゃいけないからっていう理由があるもんですが、これはやっぱり無茶ですね。

体験上、成功した例はありません。

私が特別体力不足ということはないと思います。

ちょっと話がずれましたね。

掛け持ちバイトの履歴書には、「在職中」と書けば大丈夫。

掛け持ちバイトをすることを打ち明けていい場合と打ち明けない場合があり、打ち明けていい場合というのは、掛け持ちに無理がない場合。

掛け持ちに無理がある場合は、「仕事に差し障りがある」とみなされることもあるということ。

これくらいを理解していれば大丈夫でしょう。

まぁ、仕事に差し障りがあるの事実なので、無理な掛け持ちはしない方がいいです。
 

掛け持ちバイトをしまくった筆者がもっとも伝えたいこと

掛け持ちバイトは無理するな!

これが一番伝えたい!

だいたいは学費を支払わないといけないからとか、学校行きながら生活費がいるからとか、大変な理由であることが多いんですが、無理すると続かないんですよ。

続かないと結局収入は減るんです。

一つひとつのバイトは、掛け持ちして寝不足でなかったら割と楽しく働けるんです。

それが、掛け持ちすることによって睡眠不足になると眠くて眠くてミスはする、叱れる、体壊す、ろくなことはありません。

 

掛け持ちするなら軸バイトを決めておけ!

だからこそ、軸になるバイトを決めておくこと。

中心になるバイト、メインになるバイトということですね。

なるべく長い時間働けて、自分の好きな分野の仕事がいいです。

それに加えて、1日2,3時間程度収入のいいバイトを入れるとぎりぎりやっていけると思います。

そのかわり、私生活はストイックにしておかないと、飲みに行ってのみ過ぎたり、夜更かししたりはできません。

私の場合、メインは整骨院の助手でした。

その分野の勉強をしていたので、それがメイン。

サブバイトに深夜工場とか、深夜スーパー銭湯受付とか、コンビニとか、いろいろやりました。

休みの日はイベントスタッフや引越しスタッフもやりました。

やり過ぎて体壊しましたし、ムリしてよかったと思うことは1個もありません。

若いうちは、無理しちゃうんです。

私の場合、私生活も無茶苦茶で、よく飲みに行ったり夜更かししたりしてましたから余計ですね。

自慢したいってのもあります。

「俺、こんなにバイトしてんだぜ! すごいだろ?!」的な。

小さい人間ですよホント^^;

だから、やめとけって。

マジできついから。

 

稼げることは稼げる。短期ならありかも

実際は掛け持ちバイトは稼げます。

特にもっとも稼げた時で整骨院勤務しながら深夜工場20時~8時で入っていたときは睡眠時間3時間程度でしたが月収は50万円以上ありました。

前日の20時から朝の8時まで12時間工場。

こちらが月40万円以上。

8時半から午前中整骨院。

こちらが月10万程度。

この整骨院の部分をもっと収入のいいバイトに変えれば、もっと稼げると思います。

ただし、このシフトで続いたのは1ヶ月のみです。

なので、短期ならあり。

中長期では絶対おすすめできません。

そもそも私は身体を壊して工場をやめることになりました。

短期でも覚悟のいるシフトですね。

 

まとめ

掛け持ちバイトについて、体験談からその概要を見てきました。

結論は「掛け持ちバイトは無理するな!」ってこと。

今なら探せば時給のいい楽な仕事がたくさんありますから、なるべくよく探すこと。

それを軸バイトにして、足りない分をサブで稼ぐ。

さらに、睡眠時間は必ず確保しておく。

これが掛け持ちバイトの原則です!

確定申告も、履歴書の書き方もそれほど難しくはありませんから、そこは心配いりません。

ただ、無茶な掛け持ちをしていると履歴書でも面接でもばれますよ。

 

無理のないシフトの組み方

  1. かならず週に1日以上の休みをとる
  2. かならず最低6時間以上の睡眠時間を確保する
  3. 掛け持ちするバイトは近い方がいい

というわけで、掛け持ちバイトは無理なく探しましょう。

あなたの掛け持ちバイトがうまくいきますようにお祈りしていますよ!

 

筆者

ハンドルネーム:天笠 多菜葉

経験したバイトは30個以上!

経験の多さの秘密は、短期バイトと掛け持ち。

休日は京都でまったり。寺社巡り、パワースポットが大好き!

昔から霊感強くて幽霊見えます!臨死体験も!

映画鑑賞が趣味で、今は海外ドラマ「メンタリスト」「スーパーガール」にはまってます。

今は鍼灸師として患者様を診ています!催眠療法士としても活躍中。 将来の夢は小説家です。